« Google Toolbar 4.0ベータ版リリース | トップページ | Winampに重大な脆弱性 »

2006/01/31

MS Office、アップデートの必要性

MS ACCESSからEXCELへのリンクテーブルで、テーブル内容を変更、追加、削除ができなくなってしまったのは、皆さんご存知かと・・・

Office Access 2003 または Access 2002 で Excel ブックにリンクされているテーブル内のデータを変更、追加、削除できない(KB904953)

特許権侵害の問題で、MSさんは上記の処置をとったわけですが、企業向けに更なる行動に出たようです。。。

MS Office製品、一部法人顧客でアップデートの必要性--特許権侵害のため - CNET Japan

MSさんは法人顧客向けに、アップデートの必要性をメールで通知してるらしいです。

現時点でインストール済みのOffice製品は、このまま使用できるのですが・・・


今後Office 2003をインストールする場合は、SP2の適用が必要。また、Office XPも専用パッチ適用後に使用しなければいけないとの事。

参照リンクしかできないなら、あんまり意味ないんですけど・・・

業務上、やむを得ずエクセルと絡めてシステムを作ってる人なら、上記のパッチを適用していない人もいるだろうし・・・ (爆

MSさん、何とか良い方向で対処して下さい!



人気blogランキング  ←お役に立てたならクリックしてね。

|

« Google Toolbar 4.0ベータ版リリース | トップページ | Winampに重大な脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144797/8431554

この記事へのトラックバック一覧です: MS Office、アップデートの必要性:

» Access/Excelの一部機能が特許権侵害な件 [Picasoのぴー]
AccessとExcelのリンク機能に特許権侵害の技術が使用されている件について、 Microsoftから各国法人顧客に電子メールによる通知を始めたようです。 特許権を侵害していないバージョンへのアップデートをしてくださいと、、 ◇MS Office製品、一部法人顧客でアップデートの..... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 21:27

« Google Toolbar 4.0ベータ版リリース | トップページ | Winampに重大な脆弱性 »